お電話でのご予約・お問い合わせ
受付時間: AM8:00~PM8:00
小学中低学年・幼児のご宿泊不可

料理を楽しむ

HOME > 料理を楽しむ
日本海の幸、大地の恵み
緑豊な大自然と美しい海に恵まれた山陰・但馬は、まさに美食の宝庫です。 素材の新鮮さを生かす豪快な料理から、四季が香る繊細な創作料まで。自然への感謝とお客様へ心を込めて調理致します。
お食事
豊富な海の幸を新鮮なまま食す。
新鮮素材
但馬・山陰の恵み

四季を迎える特選素材

冬
柴山かに
春
あわび
夏
のどぐろ
秋
但馬牛

豊富な海な幸を新鮮のまま食す。

新鮮な日本海の魚介は、城崎温泉よりほど近い柴山港より毎日届く。 仲買人であり、水産加工会社でもある「山よし」の真骨頂は、その目利き力と旬の素材を活かす創作料理につきます。

漁港から新鮮素材

「山よし」は水産加工会社やお食事処なども経営しているので、
新鮮な素材をすばやく配送するシステムが整っています。
品質管理が支える 柴山かにの質
「柴山かに」 をご存知でしょうか?
ご存じない方も多いと思います。

柴山漁港では山陰の他漁港のブランドガニに負けないおいしさ・品質の松葉かにが水揚げされています。

では、何故これまで名前がつけられていなかったのか?
柴山では厳密な審査のもと活ガニを、他地域に類を見ないほどの細分化したランク分けを行なっています。
そのため、どこからどこまでを「柴山かに」と定義づけるかが難しく、厳密で繊細な品質管理がかえってタグづけの壁になっていたのです。

水揚げされたかにの区別は、その漁港独自のタグに表されていました。「間人かに」は『緑色』、「津居山かに」は『青色』 、といったように。

しかし、これまで柴山漁港でのタグは存在しませんでした。
ところが、2003年の11月より「柴山がに」と名付けられたタグ付けを行うようになりました。

厳しい品質管理の柴山漁港では100以上の厳正な選別でランク分けされた松葉かにの中でも上位ランクにのみ「柴山かに」 のタグ、『ピンク色』をつけるように定義づけられました。ピンクのタグは、安心安全で厳密な選別を受けた本物のカニの証なのです。
漁港の捕れたて素材 海の幸
柴山漁港では、一年を通じて様々な日本海の魚介類が揚がります。中でも冬の「松葉かに」。
2003年11月から『柴山かに』と呼ばれているものは絶品です。

活気で賑わっている柴山港は屈曲に乏しい日本海岸にあっては珍しい天然の湾です。
東の舞鶴港や西の境港に比べれば規模は小さいですが、波の荒い日本海で育ったカニや魚介類などが豊富に水揚げされています。市場の近くには、お土産屋さんもあり、連日柴山漁港で水揚げされた新鮮な魚介類を求めて多くの人たちが訪れています。

柴山漁港からは柴山地区が一望でき、市場の堤防には日曜日になると多くの釣り客で賑わったりもします。

柴山漁港で揚がった魚介類は鮮度抜群!
「山よし」は水産加工会社やお食事処なども経営しているので、新鮮な素材をすばやく配送するシステムが整っています。だからいつでも新鮮なお料理がご提供できます!
但馬・山陰の恵み 新鮮素材
●但馬牛
代表的な銘柄牛と言えば、松坂牛・神戸牛・近江牛。なかでもそれぞれ最高クラスの肉は兵庫県但馬地方の生まれの仔牛を但馬で競り落とし、それぞれの産地で丹精込めて肥育し高級和牛となります。気候・風土・育て方・飼料など産地ごとに異なり、松坂牛・神戸牛・近江牛とそれぞれの食感・風味を持つわけです。
多くの銘牛のルーツである“但馬牛”は見事なサシ、柔らかな食感、香ばしい香り、肉本来のおいしさが楽しめます。「ステーキ」「握りすし」「但馬牛とろ丼」など、どのように食べても絶品です!

●のどぐろ
もはや高級魚となった「のどぐろ」。
脂ののった「のどぐろ」は食通も納得するほどの美味。

「お造り」「握りすし」「焼き」など様々な食べ方があります。是非一度ご賞味ください。